不動産投資なら初心者で始められる【申し込みたいところ見つかる】

記事リスト

管理会社を選ぶ指標

女性

いざという時の安心のため

アパート経営やマンション経営を考えた時、不動産管理会社の選択は重要なものになります。積極的に顧客を勧誘してくれる会社かどうかで、収入の安定度は違ってきます。そして、もう一つ大切なことは家賃保証の存在です。現在、数多くの不動産管理会社が家賃保証制度を設けています。この制度の大まかな特徴として、3カ月以上の空室状態が続いた場合、家賃の5割から7割ほどの補償が受けられるというものです。言わば、賃貸経営に対する保険みたいな存在です。この制度があれば、部屋が埋まらなくとも、ある程度の収入は見込めます。しかし、大事なのはそこだけではありません。家賃保証制度がしっかりしている会社は、顧客獲得の活動も一際力を入れています。家賃保証の補償金は管理会社の持ち出しであるので、3カ月以上の空室状態は避けなければならない状態なのです。そのため、営業活動も他社より活発になります。家賃保証制度のある管理会社と契約すれば空室状態が少ないというのは、そのような背景があるからです。また、家賃保証制度は、部屋が事故物件となった場合にも力を発揮します。家賃保証制度の中には、事故物件補償を含む内容も多くなりました。昨今問題となる事故物件化については、予めの対処が必須となります。いざという時憂き目を見ないためにも、家賃保証制度は重要な存在であることが分かります。現在契約している管理会社に家賃保証制度がないという場合でも、保険会社などが提案する単独保証制度もあるので、そちらもお勧めです。