不動産投資なら初心者で始められる【申し込みたいところ見つかる】

記事リスト

差額利益や家賃収入を

マンション

老後やペイオフ対策として

マンション投資とは、マンションを購入し、それを元手として利益を得ることです。たとえば購入時よりも高くマンションを売れば、差額は自分の利益となります。また購入したマンションを人に貸し出せば、家賃や礼金や更新料が定期的に入ってくることになるのです。そのことから、多くの人が投資のためにマンションを購入しています。もちろん買い手や借り手を探したり、大家としてメンテナンスやリフォームを行ったりと、様々な業務が必要となります。しかしこれらは、不動産会社や管理会社に任せることが可能です。任せれば、その料金さえ支払っていれば、業務に追われることなく利益を得ることができます。不労所得のようなものですから、老後の生活を考えて、マンション投資を始めるという人も少なくありません。定年退職をしたり、加齢により足腰が弱くなったりすると、以後は生活費を稼ぐことが難しくなります。しかしマンション投資をしていれば、たとえ働きに出ることができなくなっても、売却による差額利益や家賃収入で生活を続けることができるのです。また昨今では、銀行預金の代わりにマンション投資をする人も増えています。低金利時代とされている現在では、銀行に資産を預けても、以前ほど多くの利子がつかなくなっています。しかしマンション投資なら、利子を上回る利益が期待できます。さらにペイオフ対策にもなるので、1000万円以上の資産を有する人からは、マンション投資は特に注目されています。